小桜クマネコ。 大食いの女の子のイラスト

小桜クマネコ。

大食いの女の子のイラストを描くのが特徴。


小食を装ったOLを愛している。チンジャオとの同人ガリガリ娘を拾ったらに出てきた女の子は当初ガリガリだったのだが、徐々に太っていき、ただの太った女の子になっていた。

いじめっこ女子と無人島に漂流したら ではむっちり系JKだった。

サキュバスとはセックスを通じて男性をいざなうために女の形で夢に現れる超自然的存在である。
男性型はインキュバスと言われている。
サキュバス喚んだら母が来たの登場人物を紹介。

森田タカシ。

男子学生でまだセックスしたことがない。
母親に魅力を感じない。
森田惠利、森田タカシの母。


女子力もない母親。
エリリン、タカシのもとに現れたサキュバス。
それはタカシの母親だった。同人とは明治時代の頃、等しい志や趣味を持っていた人達同士が集い、同人誌雑誌を制作していた。

同人=エロという意味はない。

同人イコールエロいという方程式になってしまうかというと同人の中でエロが爆発的に人気があるからです。毎月1冊は同人誌を出して500部以上売れたらやっと生活していけるレベルのようです。3月にチンジャオガールの同人誌『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』がブックライブコミックでリリースされる。
手塩にかけるとは室町時代の食膳に添えられた塩のこと。


不浄なものを祓うために添えられたものだが、好みに合わせて料理の塩を調節するためにも使われた。そこから派生して自分で育てることを手塩にかけた、手塩にかけるという。



エンガワ卓はサキュバスよんだら母が来たの絵を描く。エンガワの絵の特徴はおっぱいが大きいむちむちした女。サキュバス喚んだらに現れる母も巨乳でムチムチ。チンジャオ娘とコラボした作品は合宿免許の実態〜彼女を変えた14日間〜 などがある。行き遅れババア孕ませたの原作チンジャオ娘は作品が配信されると1万本以上は売れる大人気同人サークルである。



コラボしているイラストレーターは達磨さん転んだ。

チンジャオ娘の作品がこんなにも注目されるかというと大人しめの女の子がエッチな事件に巻き込まれて徐々に普通の女の子がセックスの気持ち良さにハマっていくからです。「飼育小屋少女」みたいなエロくてグロい同人を企画することもあります。


サキュバス呼んだらを読みたいならbookliveコミックがおすすめ。

先行で読めるから。ブッコミでは初月の利用料が無料。エンガワとチンジャオの最新エロ漫画サキュバス喚んだら母が来た!?が2020年春に発売決定!3か月間オナニーを禁止したらある言葉を発するとサキュバスが召喚できる。



ってことを知ったタカシは頑張ってオナニーを我慢。召喚したサキュバスは自分の母だった。

ページの先頭へ