サキュバスとはエッチを通じて男性をいざなうた

サキュバスとはエッチを通じて男性をいざなうために女の形で夢に現れる超自然的存在である。男性型はインキュバスと言われている。小桜クマネコ。大食いの女の子のイラストを描くのが特徴。

小食を装ったOLを愛している。


チンジャオ娘との共同作品ガリガリ娘のヒロインは最初ガリガリだったが、徐々に太っていき、ただの太った女の子になっていた。いじめっこ女子と無人島に漂流したらではむっちり系JKだった。



3月にチンジャオガールの同人誌『手塩にかけた娘』が発売されます。

手塩にかけるとは室町時代の食膳に添えられた塩のこと。
不浄なものをはらうために供えられていたものだが、料理の塩加減を調整するためにも用いられた。派生して自分で育てることを手塩にかけた、手塩にかけるという。サキュバス呼んだらを読みたいならbookliveコミックがおすすめ。

その理由は先行独占配信されるからです。
ブッコミでは初月の利用料が無料。

行き遅れBBAの企画と原案をしているチンジャオ娘はDMM同人サークルランキング1位である。

コラボしているイラストレーターは達磨さん転んだ。チンジャオ娘のエロ漫画が大ヒットする訳は大人しめの女の子がエッチな事件に巻き込まれて徐々に普通の女の子がセックスの気持ち良さにハマっていくからです。



「美人面犬の飼い方」などの同人ではホラー要素も入っていることがあります。

チンジャオ娘とエンガワ卓のエロ同人サキュバス呼んだら母が来た!? 来年の1月に発売予定!3か月間オナニーを禁止したら呪文を口ずさむとサキュバスが出てくる。そのことを知った男子学生のタカシはオナ禁することにした。

そして召喚したのはなんと自分の母親だった。エンガワ卓はサキュバス喚んだら母が来たの絵をかきます。



エンガワの絵の特徴はムチムチした巨乳の女性。

サキュバス喚んだらに登場するサキュバスはムチムチ。チンジャオ娘とコラボした作品は姉はヤンママ授乳中in熱海がある。


サキュバス喚んだら母が来たの登場人物を紹介。
森田タカシ。男子学生でいまだに童貞。
母親の裸を見て勃起すらしない。
森田惠利、森田タカシの母。


女子力もない母親。

エリリン、森田タカシが呼んだサキュバス。その正体は森田タカシの母の森田惠利。
同人誌とは明治時代初期に等しい志や趣味を持っていた人達同士が集い、同人雑誌というものを作っていた。
同人=エロという意味はない。

どうして同人=エッチなイメージがあるかというと同人の中でエロが爆発的に人気があるからです。ちなみに月に1冊出して五百部以上購入者がいたら食うには困らないレベルのようです。

ページの先頭へ